細胞内のミトコンドリアを活性化させることは、疾病の寛解に、非常に重要なものとなります。

パンドラ取扱ガイド
パンドラ付属品※下の画像はクリックすると拡大します。

③パッドの貼り付け
※下の画像はクリックすると拡大します。

パンドラ取扱ガイド

⑥-1モード選択 酸化還元|所要時間 36分

①
本体左下の【①】のボタンを 1 回押す
①-2
緑色の開始ボタンを 1 回押す
①-3
本体右下の電圧調整ボタンを操作する
※上限25Vまでで丁度よい電圧まで上げる

パンドラ取扱ガイド

⑥-2 免疫向上|所要時間 39分

⑥-1
本体左下の【②】のボタンを 1 回押す
⑥-2
緑色の開始ボタンを 1 回押す
本体右下の電圧調整ボタンを操作する
※上限 25V までで丁度よい電圧まで上げる

パンドラ取扱ガイド

⑥-3 痛み緩和|所要時間 24分

⑦-1
本体左下の【③】のボタンを1回押す
⑦-2
緑色の開始ボタンを 1 回押す
⑦-3
本体右下の電圧調整ボタンを操作する
※上限 25V までで丁度よい電圧まで上げる

パンドラ取扱ガイド

⑦-1 電流を上げる

 

⑦-1

本体右下の+ボタンを押して電圧を上げる

※最大 25V

※長押しすると断続的に電圧を上げることが可能

パンドラ取扱ガイド

⑦-2 電流を下げる

⑦-2
本体右下の-ボタンを押して電圧を下げる
※長押しすると断続的に電圧を下げることが可能

パンドラ取扱ガイド

使用上の注意

■ 下記の方は使用をお控え下さい。
① 心臓のペースメーカーを使用中の方
② 妊娠中の方
※病気を患っている方は、医師の指示を仰いでください。
■ 使用前、使用後に水分を多めに飲用するように心がけて下さい。
■ 身体に異常を感じた場合、ただちに使用を中止してください。
■ 機器を分解するのはおやめ下さい。セキュリティーがかかり動作しなくなります。
■ パット同士を貼り合わせたまま本体の電源を入れると、ショートして電源が入らなくなります。故障の原因となりますので使用前にパットがそれぞれ剥がれていることを確認してご使用ください。
■ 使用を中断・終了する際は、必ず本体の電源をお切りください。
■ 充電コードの取り外しの際は、プラグ部分を持って取り外しを行ってください。コードを持って引き抜くと、負荷がかかってコードが損傷する恐れがございます。
■ パットを貼る際は、本体に電源が入っていないことを確認してから行ってください。
■ パットを交換する場合は、本体からコードを外してから交換してください。
■ パット、コード、充電器は弊社指定のものをご使用下さい。
■ 本製品は精密機械でございます。本体を落下させたり、衝撃を与えるなどをしないでください。
■ 1 日の使用回数は多ければよいものではございません。同種のモードを繰り返し使用する場合は 4 時間程あけてご使用ください。
(モ ード①の使用直後にモード②や、モード②使用直後にモード③を利用する等の組合せは問題ございません)
■ 製品の仕様上、一定間隔で停止します。電圧を感じなくなりますが、故障ではございませんのでご安心下さい。
■ 使用中や使用後に、疲労感、頭が重い、だるくなる、全身が痒くなるなどの症状が出ることがございます。これは『好転反応』である場合がほとんどですのでご安心下さい。