ミトコンドリアが活性化、酵素・ホルモンの生産が上昇、体温上昇で代謝で上がる。

長寿遺伝子の活性化

長寿遺伝子の活性化による、活性酸素を抑制。

S-ALA(エス-アラ)

ミトコンドリアが活性化して、酵素・ホルモンの生産が上昇します。さらにミトコンドリアが増殖することにより、体温上昇で代謝が上がります。

ATPの生産

サーチュイン遺伝子活性化によるミトコンドリアの増殖と電子伝達物質としての役割を兼ね備えATP産生を上昇させます。ATPは人々のエネルギーの源です。研究により、S-ALAは効率の良いヘム分解が行われていることが分かっています。S-ALAに含まれるFeは、抗酸化作用及び免疫の調整があり、ヘムの分解時に「ビリルビン」という低分子酸化物質が発生します。また、S-ALAは従来にないサーチュイン遺伝子の活性化をします。

S-ALAの特徴

①長寿遺伝子を活性②ミトコンドリアを活性③免疫調整